北海道の城郭と古戦場



アイヌと和人の戦い:コシャマインの戦い・シャクシャインの戦い

蝦夷地と呼ばれた北海道には、元々、和人は殆ど住んでいませんでした。アイヌ民族の居住地でしたが、アイヌは文字を持たなかったため、その歴史はあまり解明されていません。そして、和人側に残された記録は、アイヌと和人の争いに関する歴史になります。概ね、和人がアイヌを搾取し、アイヌが反乱を起し、和人が(時として、だまし討ちなどで)、アイヌを鎮圧するといった記録の繰り返しになっています。

シャクシャイン像
写真出所 Wikipedia 撮影者Fluffy_nns

チャシ~アイヌの謎の建造物~


チャシ
アイヌはチャシと呼ばれる、丘陵を建設していました。戦国期から江戸期にかけての建造物です。アイヌは文字を持たなかったため、比較的近世の建造物であるにも関わらず、チャシの目的さえ現在ではまだ分かっていません。和人側の文書には「砦」とされていますが、和人との戦いの時は砦として使われただけで、本来の目的が砦だったかどうか、疑問とされています。根室半島のチャシは国の史跡に指定されています。また、名城100選の中にも選ばれています。


戊辰戦争最期の戦い:箱館戦争

戊辰戦争の末期、榎本武明を中心とする旧江戸幕府側が、函館で、新政府軍と争ったのが、和人同士の北海道における、最初で最後の大規模な戦争でした。旧幕府軍は、五稜郭のあった函館で独立国家を樹立しようとしましたが、新政府軍は陸海軍を派遣し、函館の鎮圧を図ります。函館山方面から陸軍がせまり、海からも艦砲射撃を受け、現在の函館市街地は銃砲弾が飛び交う激戦地となっていました。

箱館戦争 新政府軍進路

見所

黒田清隆ら、新政府軍の司令官は、函館山方面から、函館市街地を一望し指揮を執ったのではないか、と思います。

現在では百万ドルの夜景と称される函館山からの景色を眺める旅に出るのは如何でしょうか。
新政府軍が迫ってくる中、五稜郭から出撃し戦死した土方歳三最期の地が、函館市内にあります。

歳三は、もとは武州の百姓のせがれでした。京に上っては新撰組を組織し、新撰組解散後も転戦を重ねつつ、旧幕府軍を指揮しつづけた男の墓が、最果ての地、北海道にあることに、一生涯を薩長の敵として、最期まで戦い抜いた一匹の鬼の意地を感じます。




おすすめの宿


湯の川プリンスホテル渚亭

大浴場・露天風呂からは、眼前に津軽海峡を、遥か彼方に函館山を望むことができ、とびきりのロケーションを味わうことができます。




湯の川グランドホテル

湯の川温泉随一の広さ・湯量を誇る大浴場と、漁火が一望できる露天風呂のあるホテルです。足湯や蒸し湯も新設し、尚一層おくつろぎいただけます。




関連書籍



菜の花の沖
江戸時代後期、淡路島の貧家に生れた高田屋嘉兵衛が、悲惨な境遇から海運商人として身を起し、ついには北海道の海で活躍する姿を描いた歴史小説です。アイヌ民族と共存共栄を図ろうと、幕府の有志と共に蝦夷地の開拓を事業として成功させた姿を瑞々しく、かつ綿密な調査に基づき科学的に描いています。江戸期のアイヌと和人の関係を理解する上でも、江戸時代の商業を理解する上でも、価値ある一冊です。



燃えよ剣
幕末の日本が経験した多くの戦いに参加し、最後まで戦い抜いた土方歳三の生涯を描いた、司馬遼太郎の歴史小説。八王子の百姓の子から成り上がり、京における新撰組副長として、最後は旧幕府側の軍司令官として、函館で戦死するまでの波乱の生涯を描きあげています。

北海道近隣の古城・古戦場


北海道の古城 基礎情報

根室半島チャシ跡群 不明年
江戸時代
アイヌ

画像出所:wikipedia(CC継承 3.0)
チャシとはアイヌ族の建築物。戦国時代~江戸時代に作られたと考えられている。用途ははっきり分かっていない。和人の江戸時代の記録によれば「砦」とされていたが、当時の和人はアイヌと戦闘状態であったため、チャシ本来の目的かどうか分からない。北海道内に700ものチャシが確認されており、根室半島にある24ヵ所は史跡となっている
五稜郭 1866年
江戸時代
江戸幕府

画像出所:wikipedia(GFDL-no-disclaimers 撮影者:京浜にけ)
箱館開港に伴い、徳川家定の命により築造された。欧州の近代要塞を真似て建設されたが、星型の城塞は欧州でも当時すでに旧式化したスタイルで防御力は限られたものだった。戊辰戦争最後の舞台となった。
松前城 1606年
江戸時代
松前崇広

画像出所:wikipedia(パブリックドメイン)
最後期の日本式城郭。松前家が、1600年(慶長5年)から慶長11年にかけて陣屋を築いた


北海道の古戦場 基礎情報

コシャマインの戦い
室町時代
1457年
和人に対するアイヌの武装蜂起。コシャマインの死後収束した。マーカ位置はコシャマインが討死したとされる花沢館跡地


シャクシャインの戦い
江戸時代
1669年
松前藩に対するアイヌ民族の大規模な蜂起。松前藩が、和睦を申し出、和解の酒宴でアイヌの首領シャクシャインを謀殺した


戊辰戦争
箱館戦争(二股口の戦い)
江戸時代
1868年 - 1869年
箱館戦争における戦闘のひとつである。江差方面から函館に迫る新政府軍に対し、土方歳三率いる旧幕府軍が山中の要害を利用し進撃を阻止、新政府軍側の指揮官 駒井政五郎を戦死させた。その後、別ルートから新政府軍が函館に迫り、二股口の戦略的意味がなくなったため撤退した


戊辰戦争
箱館戦争(箱館総攻撃)
江戸時代
1868年 - 1869年
箱館戦争における最後の戦闘。新政府軍が、旧幕府軍の籠る五稜郭の前哨の千代ヶ岡陣屋に迫った。千代ヶ岡陣屋の中島三郎助は、新政府軍の降伏勧告、五稜郭からの撤退命令を拒否して、最後の抵抗を行った。これが箱館戦争最後の戦闘となった。千代ヶ岡陣屋陥落後、五稜郭は降伏した