高知県近隣の古城・古戦場


高知県の古城 基礎情報

高知城 1603年
江戸時代
山内一豊

画像出所:wikipedia(CC継承 3.0 撮影者:Taisyo)
高知平野のほぼ中心に位置する大高坂山(標高44.4m)上に築かれた、梯郭式平山城。山の南を流れる鏡川、北の江ノ口川をそれぞれ外堀として利用されていた。 戦国時代以前には大高坂山城が築かれていた。現在の城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、土佐藩庁が置かれた。高知城は本丸の建造物が完全に残る唯一の城として知られている。


高知県の古戦場 基礎情報

四万十川の戦い
安土桃山時代
1575年
長宗我部氏と一条氏の戦い。この合戦によって長宗我部元親が土佐を統一した