徳島県近隣の古城・古戦場


徳島県の古城 基礎情報

徳島城 1585年
安土桃山時代
蜂須賀家政

画像出所:wikipedia(CC継承 3.0 撮影者:Reggaeman)
室町時代の1385年(に細川頼之が四国地方にあった南朝方の勢力を討ち、現在の城地の城山に小城を築いた。戦国時代になると、阿波の地は群雄が割拠し、しばしば城主が入れ替わったが、1582年には長宗我部元親が侵攻し阿波が平定された。1585年、豊臣秀吉の四国征伐に勲功のあった蜂須賀家政が阿波1国18万6000石を賜った。入封早々に現在の地に大規模な平山城を築造し、翌年完成した。以後、江戸時代を通して徳島藩蜂須賀氏25万石の居城となり、明治維新を迎える。


徳島県の古戦場 基礎情報