鳥取県の城郭と古戦場


鳥取城の戦い
織田家の中国方面攻略司令官となっていた羽柴秀吉と、毛利家から派遣された吉川経家との間の戦いでした。秀吉は、城を囲んだまま手を出さず、柵を築いて兵糧攻めにしました。戦になる前から、秀吉の巧みな偽装米買占め戦略で、吉川経家が鳥取城に赴任した時には、すでに城内から兵糧の備蓄が減っていたと言われます。秀吉に囲まれると、すぐに城内には飢餓が訪れますが、吉川経家の頑張りで、降伏しないため、外からは状況が分かりません。
3ヶ月囲んだ後で、偵察を出すと、城内では人の死体を食べるような地獄の光景が広がっていたと言います。

後年の秀吉は、千利休を磔にしたり、残酷な面もありました。しかし、当時は人が死ぬことを、戦国武将としては、非常に嫌っていたそうです。城内の悲惨な状況の報告を受けた時、秀吉は「嘘だ・・」と絶句したと言います。
すぐに開城勧告を出し、吉川経家の切腹と引き換えに城兵の命を助けることになりました。降伏した城兵に対して粥の炊き出しをした時、秀吉は、以前「飢餓状態の人が急に食糧をほおばると死ぬ」と聞いたことを思い出し、「ゆっくり、1日かけて食えや」と言って回ったそうですが、何人かはその通り、急にほおばったことで死んでいったと言われています。

吉川経家像


見所


鳥取県東部の鳥取市方面では、鳥取城跡と、その近くの鳥取砂丘が見所となります。しかし、鳥取県西部の米子市側の方が、観光スポットは多いです。鳥取市から米子市までは車で1時間半ほどです。


鳥取城跡

鳥取砂丘


鳥取市からスタートし、夜は米子市の皆生温泉で一泊します。翌日、中海の北側を弓ヶ浜を辿って、全国最大級の漁港がある鳥取県境港市で海鮮料理を堪能し、島根県松江市の方に抜けて行くルートも面白いです。


海側から見た皆生温泉

境港の海鮮料理


或いは、中国地方最高峰の大山(だいせん)を回り、島根県安来市にある月山富田城跡(尼子氏の居城)や、横山大観の作品が多数あり、全国最高の庭園を持つとされる足立美術館を回り、松江市に抜けていくコースもお勧めです。足立美術館の庭園はシャープの液晶テレビのCMにも使われたとか


月山富田城跡

足立美術館 庭園


松江市から、最後は、神々の待つ神話の社 出雲大社までたどり着ければ、山陰地方は制覇です。


松江城の堀をめぐる遊覧船

出雲大社


Nippon レンタカーのご予約はこちら:国内有数の営業所数を誇り、ホームページの使いやすさもレンタカー業界最高水準!即時予約・全国の営業所の検索・空車照会・料金照会を行うことが可能です。禁煙車・ETC搭載車・24時間営業所など、新たなサービス展開中

おすすめの宿


皆生グランドホテル天水

皆生温泉で最も人気の高い皆生グランドホテル天水。白砂青松の弓ヶ浜に面した、ひときわ映える白いホテルです。雄大な日本海が見渡せる展望大浴場・サウナ・露天風呂の設備があります。




華水亭

皆生温泉の最高級ホテル。どのお部屋からも雄大な日本海の四季折々の風情がお楽しみいただけます(洋室と大部屋は除く)。大浴場は日本海が見渡せる展望大浴場です。




ホテルニューオータニ鳥取

鳥取駅前に位置、バスセンターもホテル前にあるので交通に便利。飲食施設が充実しており、レストランは和洋中の他バー・スカイラウンジもあります。





鳥取県近隣の古城・古戦場


鳥取県の古城 基礎情報

鳥取城 不明年
戦国時代
但馬山名氏か?

画像出所:wikipedia(CC 2.5 撮影者:663highland)
天文年間に始めて築城されたと考えられている。山陰地方の勢力争いの中心となった城で、山名氏、尼子氏、毛利氏と城主が代わったのち、秀吉による鳥取城攻略戦で兵糧攻めにあい織田氏の勢力下に入った。戦国期を通じて都合6度も落城した珍しい城である。江戸期は池田氏の所領となりそのまま明治維新を迎えている。


鳥取県の古戦場 基礎情報

鳥取城の戦い
安土桃山時代
1581年
織田氏の羽柴秀吉と毛利氏の毛利経家の戦い。秀吉が兵糧攻めにし経家の自決と引き換えに開城させた